血糖値が健康な人と同じくらいになることがあるので

歯周病とは、歯石の細菌がもとになって歯茎に炎症が起き、歯を支える骨が溶ける病気であり、歯周病をきっかけとして歯がなくなることもあります。

口腔内には300種類~400種類の細菌がいますが、これらの細菌が固まって歯石となり、歯石は歯肉の炎症へと移行するのです。

歯周病の原因は口腔ケアが不十分なこと以外にも色々有り、喫煙、食事、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用など多くの種類があります。

歯周病は医師の努力で進行を食い止めることも不可能ではなくなりましたが、いずれにしてもまだ完治とはいかないので、大前提として正しい知識をもって予防することが大事です。

そのため、口腔疾患は、まずは歯磨きが全てになりますので、歯科医院で歯磨きをちゃんと指導してもらい、可能な限りかかる前に予防できるよう努力しましょう。

ハミガキはブラッシングの他、デンタルフロスも合わせて活用することが大事です。

あるデータによれば、ブラッシングのみだと6割強しか落とせないのに、歯間ブラシを一緒に使用することで8割まで増えることが分かっています。

歯垢には虫歯菌が棲みついていることから、間違いなく取り除くことが出来ていませんと、そこから出た酸が歯を溶かして虫歯が進行してしまうのです。

タブレットの活用には慣れが要りますので、自信がないのであれば定期検診に行った時に説明してもらうとオトクです。
赤ちゃん 歯磨き いつから

深夜は歯磨きによって歯の汚れをしっかり清掃することが不可欠ですが、夜はツバの出る量が減る時間なので、ストレプトコッカス・ミュータンス菌が繁殖しやすい。

こうしたことを指導してくれる歯医者さんは予防歯科という言葉をホームページの1ページに書いているのが標準です。

歯が汚くて困っている人が活用する手段の1つがホワイトニングです。

ホワイトニングは歯科に通って行うも1つの選択肢ですが、奥さんにやってもらうホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを1人1人に合わせて作り、その中にホワイトニングのための薬剤を毎日90分くらいはめ続けることで行います。

ホワイトニングは、だいたい20日くらいで変わったと思えるのが標準なのですが、真面目にマウスピースをはめていなかったり、ちゃんとはめていなかったりすれば、白くならなくても仕方ありません。

ホワイトニングで得られる歯の白さの水準は8段階くらいに分けることができますが、東幹久みたいな異常なほど白くなることは期待してもそこまで到達しません。